猫の恋


080806_neko_1.JPG

猫の恋止むとき閨の朧月(松尾芭蕉)

うらやまし思ひきる時猫の恋(越智越人)

猫の恋初手から鳴いて哀なり(志太野坡)

菜の花にまぶれて来たり猫の恋(小林一茶)

南無妙法蓮華経 猫の恋(仙厓義梵)

色町や真昼しづかに猫の恋(永井荷風)

モンローと名付けられたる猫の恋(黛まどか)

071121_cat_1.jpg


猫の恋」への3件のフィードバック

  1. 写真ウマイなぁ~~~~!!
    わたしも同様の素材撮ったけど、こんな角度から撮れんわ!!
    (ま、ケータイだけどね・・・)

  2.  加藤9段がネコで訴えられたと、朝日の夕刊に記事。Y紙、M紙、S紙、N紙の記事を見比べてみたいですな。
     ネコ殿もどうしてるのかなぁ。マグロの「エサ」を食べているとか(笑い)。

  3. この訴訟に、楳図かずお邸訴訟と同様の、東京西部(中央線沿いなど)的な住民性を感じます。東京にもイーストエンド、ウェストエンドがあり、私にはウェストエンド志向の典型に見えます。元々は東に山の手がありそして下町もあり(もっとも、荒川より向こうは下町でもない「郡部」でしたが)、武蔵野の「田舎」侍だったのはあっちで、そのローカル(田舎)性が、信用なりません。まあ葛飾区出身の渡辺竜王も「あっち」に行ってしまったわけですが……。羽海野チカさんのマンガでも、『ハチミツとクローバー』の武蔵野美術大学モデル美大の雰囲気は馴染めないけれど、『3月のライオン』の下町はいい。現実がマンガ通りでないのは当然としても、です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です