Forever Young

080627_ajisai_2.JPG

 いま敦賀で泊まっているホテルの部屋は、714号室。それで思い出したが、自分の中学3年時の担任は、稲田先生という女性の先生だった。フランス革命は1789年7月14日。当時自分たちの中学に伝わっていた覚え方は実に明快で、「いなだ若くないよ」。年だけでなく、日付まで一発で覚えられるのだからすごい。これだけうまい語呂合わせはまれであろう。以上は予備校の世界史講師になっていれば出す予定だったネタのひとつで、身近に「いな」という読みを含む名の人がいればすぐに応用可能だ。当然ながら失礼千万、無礼きわまりないので要注意ですけど……。

  ……とここまで書いたところで、このブログを読んでいる人であれば、小言妻氏の名前が思い浮かんだかも知れない。あわててフォローしておくと、小言妻氏は自分から見ればもう、気が遠くなるほど若い。出雲のイナズマの次ぐらいに若い。他意はないのでこれからも仲良くしてください。どういうフォローだ。今度また遊びに行ってもいいですか。

  年月が経ち、自分の記憶の中では、稲田先生は歳を取らない。そうして当時の稲田先生より、自分の方がすでにはるかに歳を取っているかも知れないことに、いま気づいた。

080627_ajisai_3.JPG


Forever Young」への1件のフィードバック

  1.  フォローになっていない、と竜王奥方に書かれてしまいましたね。洋志もそう感じたなぁ(笑い)。「出雲」の、はねぇ、ちょっと・・・。
     人のことは笑っていられない失敗を洋志はやらかしています。初対面の大御所の唯一の御著書の書名を満座で間違って言ってしまうという。こういうとき、たまたまですけど、mtさんのご同窓の方々は、そろって長々と哄笑される(笑い)。仲間内ですけどね。さて、どうしてやるべーか(笑い)。もんもんとそんなことを考えているのは、結構楽しいものです。
     お土産手配しないとね(笑い)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です