12月中旬

12日(火)
 竜王戦第6局の移動日。朝早く起きて一行より早く天童に行き、舞鶴山の写真でも撮ってこようかと思っていたのだが、朝起きられなかった。新幹線車中では高級なお弁当をいただき、さらには余ったというお弁当もいただき、早くもカロリーオーバー。対局場の滝の湯ホテルは例年中学生選抜大会がおこなわれているところで、私も20年近く前に訪れたことを思い出した。二次会のあとは比較的解散が早く、控え室のPCの前で一人、明け方まで起きていた。
13日(水)
 竜王戦第6局1日目。前夜遅くまで起きていた分、早く寝た。
14日(木)
 竜王戦第6局2日目。佐藤棋聖が勝って3勝3敗。打ち上げ終了後、渡辺竜王、朝日の村上さん、R君、烏記者とカラオケ。
15日(金)
 移動日。連盟に戻って終日何かしら仕事。A級2局、B級1組10回戦、B級2組8回戦など祭りのように順位戦が重なった日だが、メインイベントの羽生-藤井戦が千日手になりそうだったので、自重して帰宅。ただし「帰れば名局」がマーフィーズロウ。結局ネット中継でずっと見ているのでは、何をやっているのかわからない。午前3時過ぎ、再び連盟に行き写真を撮影。すべてが終わった後、片上・北尾結婚式でもらったモエ・シャンドンを開けた。
16日(土)
 仕事を銀杏君に任せて午後遅くまで爆睡。起きてさて、何をしたいこともなく、夜連盟で仕事。
17日(日)
 朝、連盟にて更新作業。何をしたか覚えていないが、家に帰ると寝ているだけなのは確か。
18日(月)
 打ち合わせなどいろいろ。夜、片上君に誘われて東大将棋部の忘年会にお邪魔する。深夜、原宿にて競馬評論家の能勢さん、女流棋士の皆さんなどでカラオケ。午前5時解散。
 
19日(火)
 竜王戦第7局移動日。上越新幹線でコートを脱いだ際に、なぜかスーツのジャケットを着ていないことに気づく。儀礼上どうかという問題以前に、まず寒い。スーツを2着持ってきていた銀杏記者に借りて急場をしのぐ。助かりました。どうもありがとう。
20日(水)
 竜王戦第7局1日目。夜、控え室にて亀田-ランダエタ戦を観戦。
21日(木)
 竜王戦第7局2日目。渡辺竜王が4勝3敗でシリーズを制し3連覇。そういえば2年前の竜王戦第7局は、佐藤棋聖宅の忘年会にお邪魔した際に見たことを思い出した。打ち上げ後、私の部屋にて桃鉄大会。結果は上から順に村山、渡辺、松本、R君。
22日(金)
 新潟から東京に帰る日。思い返してみると、サンフランシスコの第1局は遠い昔のようである。長いツアーが終わってみると、2006年もあとわずか。帰りの新幹線で目を閉じると、トーリ・エイモスが歌う「Time」が頭の中で流れた。