A級8回戦前日

060130_otemachi.jpg
 写真は毎日新聞のビル6階から見た、皇居や大手町の風景。昨日はレディース表彰式が終わった後、将棋会館に移動する。4階の特別対局室奥、および大広間の高雄、雲鶴にウェブカメラを設置するための工事が進行中だった。これでA級8回戦から、大広間の2局もリアルタイムで中継できるようになる。
 注目の棋聖戦最終予選・羽生四冠-村山四段戦は工事の関係上、5階の香雲でおこなわれていた。8つの対局室は最上位の特別対局室から順に序列があって、香雲は下から2番目。若手や女流棋士の対局が多い香雲で羽生四冠が指しているのは、少なくとも私は初めて見た。途中は村山四段が善戦し、勝ちではないかと言われていた。しかし勝負を制したのは、またもや羽生四冠。これで連勝記録は17に伸びた。感想戦終了後、記者室に引き上げてきた村山四段は「金打ったあたりは、われながらイケてたと思ったけど」。
 今日は女流名人位戦五番勝負第2局。矢内挑戦者が清水名人を降して2連勝となった。感想戦の模様を撮影後、某組織のHP担当の先生に送信。写真をよく見ると、矢内さんの手には「昇雲」と揮毫された山崎隆之NHK杯の扇子が握られていた。
 20時過ぎ、毎日新聞の牧野さんとともに、明日のA級8回戦の控え室でネット中継の設営を始める。今年度も残りわずか。